GLOCK 18C

GLOCK 18C

GLOCK 18Cのカスタム内容

社外品パーツ(外装、内部)が組み込まれていて作動性能が著しく低下していました。特に社外品スライドは大抵、「ディスコネクター」関係の作動が悪くなるので調整は必須です。グロック用のカスタムスライドは非常に多くの商品が販売されていますが、無加工で問題無く動く、という商品はお目に掛かった事がありませんね。

GLOCK 18Cのカスタム項目

マルイ製グロック18C(お持込での作業依頼)

・作動調整作業

GLOCK 18Cの関連コンテンツ (Glock,MARUI)

工房ダイアリー

修理・カスタム作業の現場のナマの声を紹介するコーナー。海外製電動ガンならではのトラブルや、その手直しノウハウをお見せできるところまで解説します!

最新記事

DSR1マガジンへの初速微調整機構の追加

S&Tから新発売された事で人気再燃のDSR1ですが、残念ながらノーマル時の初速の低さはARES時代と変わりません...。個体差もありますが大抵は45m/s~55m/sあたりが最も多いですね。当店ではA・・・ 

(2017.11.17)

サバゲー入門

電動ガンがほしい、あるいはサバイバル・ゲームをはじめたいけれど、周囲に詳しい人がおらず何から揃えればいいのか分からない、そもそも何がわからないのかもわからない、そんなスターター(初心者)から、「実銃や戦史には詳しいけれどこっちはサッパリ……今さら人にも聞けないし」という悩めるマニアまで電動ガンのいろはを解説、最低限必要なアイテムとその選び方を紹介いたします!

よくある質問

お客様からのお問合せ内容をまとめた「よくある質問ページ」を掲載しております。「フルメタルコンプリート」や「電動ガンカスタム修理」「自社フィールドグランドスラム」へのご質問とお答えを項目別に編集。解らないことがありましたら、まずは「よくあるご質問ページ」をご覧ください。