AK104

AK104

フルメタルコンプリートシリーズに待望の新型(セカンドジェネレーション)の登場です。もちろん第二世代というからには各部は前回よりも更にレベルアップ!究極の強度・リアリティーを求めバレルナットを新規製作、金属ならではの強度と軽量性を両立する為マグネシウムパーツを大幅採用、メカBOX内部に関してもBe-MAXのノウハウを傾注し、規制適合品としては限界レベルの実射性能を確保してあります。高剛性&抜群の実射性能を生かしてゲームでガンガン酷使するも良し、リアルなモデルガンとして部屋にディスプレイするも良し、もはや一生モノと呼べるそのクオリティーは、まさに「これ以上、何も要らない・・・」と唸らせる一丁です。※この商品は受注後お取り寄せしての製作となります、在庫確認後料金先払い制となります。代引き発送はできませんのでご注意ください。

AK104

外部カスタム

強化樹脂製ハンドガード ハンドガードは実銃同様、強化樹脂製。各部にリブを配した特長的な形状はホールド感、強度ともにAK47を大きく上回る抜群のホールド性を実現。 強化樹脂製グリップ グリップもチェッカリング&デザイン変更で握り易さを追及。 強化樹脂製ストック 中央が窪んだ独特の形状を再現した強化樹脂製ストックは細身ながらもラージバッテリーをしっかりと収納。固定ストックならではのガッシリとした取り付け剛性の高さでガタツキ等は一切なし。 マグネシウム製新型レシーバー 軽量&高剛性なマグネシウム製レシーバー採用。AKメタルフレームに多い亜鉛製レシーバーに比べて、大幅な軽量化を実現。またディティールに関しても、特徴的なリベット等を金属製の別パーツで見事に再現。 スーパーリアルなボルト周辺 スチールプレスで造られた、レシーバーカバーを開けると、従来の電動ガンでは決して見る事の出来ない口径が出現。ボルト、リコイルスプリング、リコイルスプリングガイドはもちろん可動式。そしてフィールドストリップでボルトを引き抜けば先端にはガスピストンまでもが再現されている。 工具無しでフィールドストリップ可能 前述のボルト周辺やフロントハンドガードは実銃同様に工具無しでフィールドストリップが可能。従来の電動ガンでは成し得なかったAkのフィールドストリップ…。オーナーだけが許されるこの至福の時を是非とも堪能して頂きたい。 スチール削り出しフラッシュハイダー AKS74Uタイプのフラッシュハイダーはスチール削り出し。スチール製と独特の形状の相乗効果で軽快な発射音を奏でる。 改良型ホップアップレバー 指先での微妙な調整が苦手なAKのホップ調整レバーも改良。グローブをした際でも操作できるように大型のスライドレバーを採用。 強化樹脂製軽量マガジン 強化樹脂製の500発軽量マガジン標準装備。もちろん従来の600連マガジンも使用可能。 リアルアウターバレル ハンドガードを力強く握った時でもビクともしない強度のためには、やはり一本物のリアルアウターバレルは必須です。レシーバーとの結合方法も従来とは違い、接触面積を限りなく広くして支持剛性を上げています。
AK104

AK104のご注文はこちらから ¥64,800


よくあるご質問

「フルメタルコンプリート」へのお客様からのお問合せ内容とお答をまとめた「よくある質問ページ」を掲載しております。ご不明な点や解らないことがございましたら、「よくあるご質問ページ」をご覧ください。

AK104の関連コンテンツ (AK104,AK47,SRC)

AK104の
ご注文はこちらから

64,800

工房ダイアリー

修理・カスタム作業の現場のナマの声を紹介するコーナー。海外製電動ガンならではのトラブルや、その手直しノウハウをお見せできるところまで解説します!

最新記事

インナーバレルクリーニングのすすめ その1

大変ご無沙汰しております。3月から4月にかけての工房移転のバタバタもあり、なかなか更新が出来ない状態でしたが、最近は大分落ち着いてきました。工房の移転は工作機械や作業台の移動もあり当初、私が考えていた・・・ 

(2016.07.28)

サバゲー入門

電動ガンがほしい、あるいはサバイバル・ゲームをはじめたいけれど、周囲に詳しい人がおらず何から揃えればいいのか分からない、そもそも何がわからないのかもわからない、そんなスターター(初心者)から、「実銃や戦史には詳しいけれどこっちはサッパリ……今さら人にも聞けないし」という悩めるマニアまで電動ガンのいろはを解説、最低限必要なアイテムとその選び方を紹介いたします!

よくある質問

お客様からのお問合せ内容をまとめた「よくある質問ページ」を掲載しております。「フルメタルコンプリート」や「電動ガンカスタム修理」「自社フィールドグランドスラム」へのご質問とお答えを項目別に編集。解らないことがありましたら、まずは「よくあるご質問ページ」をご覧ください。