AK47S

AK47S

半世紀を経て、今もなお使用されている旧ソビエト制式ライフルAK47Sの新品マルイモデルをBe-MAXでフルカスタム!SUPER1J(ジュール)カスタムに加え、7mmラージサイズベアリング取り付け加工、ハイサイクル対応強化ピストンを組込み、初速、安定性、連射性能、耐久性を極限まで、かつバランスよく引き出したフルカスタムモデルです。
※この商品は受注後お取り寄せしての製作となります。

エアガンの背景

第二次大戦中の1941年、ドイツ軍がバルバロッサ作戦によってソビエト側になだれ込んできたとき、この戦闘で負傷したソビエト戦車部隊軍曹がいた。彼の名はミカイル・ティモフェイェビッチ・カラシニコフといい、後に5000万丁とも7000万丁とも言われる、世界一の生産数を記録したアサルト・ライフル「AK(アブトマット・カラシニコフ)一47」を設計することになる人物だ。負傷した彼は後方の病院で、敵のドイツ兵が多数のサブマシンガンで強力に武装していた事から、同等の武器の必要性を痛切に感じていた。一方、ソビエトは短小弾の研究を続けており、1943年には口径7.62mm、弾丸重量 15~17g,1000mにおけるエネルギーは20km/gというスペックで「1943r7.62mm×39」が制式化された。この新型弾薬を使う軽快なアブトマット(アサルト・ライフル)を開発するプロジェクトにカラシニコフがチャレンジすることになる。彼はコンセブトの段階で様々なタイブを考えたが、結局ガス圧利用のロータリーボルトによるロッキング方式とし、1947年「カラシニコフ・モデル1947試作アブトマット」が完成。ソビエト軍部は 1949年に制式採用した。その後、改良型バリエーションが登場した為一般には『AK-47』と呼ばれるようになった。AK-47は、木製固定ストックのスタンダート・タイプと、金属製折り畳みストック式の特殊部隊向けモデルの2種類がソビエト軍に支給された。固定ストック型はそのままAK-47、折り畳みストック型は、AK-47Sと呼んで区別する。

AK47Sの
ご注文はこちらから

58,400

工房ダイアリー

修理・カスタム作業の現場のナマの声を紹介するコーナー。海外製電動ガンならではのトラブルや、その手直しノウハウをお見せできるところまで解説します!

最新記事

インナーバレルクリーニングのすすめ その1

大変ご無沙汰しております。3月から4月にかけての工房移転のバタバタもあり、なかなか更新が出来ない状態でしたが、最近は大分落ち着いてきました。工房の移転は工作機械や作業台の移動もあり当初、私が考えていた・・・ 

(2016.07.28)

サバゲー入門

電動ガンがほしい、あるいはサバイバル・ゲームをはじめたいけれど、周囲に詳しい人がおらず何から揃えればいいのか分からない、そもそも何がわからないのかもわからない、そんなスターター(初心者)から、「実銃や戦史には詳しいけれどこっちはサッパリ……今さら人にも聞けないし」という悩めるマニアまで電動ガンのいろはを解説、最低限必要なアイテムとその選び方を紹介いたします!

よくある質問

お客様からのお問合せ内容をまとめた「よくある質問ページ」を掲載しております。「フルメタルコンプリート」や「電動ガンカスタム修理」「自社フィールドグランドスラム」へのご質問とお答えを項目別に編集。解らないことがありましたら、まずは「よくあるご質問ページ」をご覧ください。