M16A2

M16A2

アメリカ軍主力小銃M16A2の新品マルイモデルをBe- MAXでフルカスタム!SUPER1J(ジュール)カスタムに加え、7mmラージサイズベアリング取り付け加工、ハイサイクル対応強化ピストンを組込み、初速、安定性、連射性能、耐久性を極限まで、かつバランスよく引き出したフルカスタムモデルです。

※この商品は受注後お取り寄せしての製作となります、在庫確認後料金先払い制となります。代引き発送はできませんのでご注意ください。


エアガンの背景

世界最強のM16シリーズ

1960年、アメリカ合衆国空軍は軽合金とプラスチックを多用した先進的なデザインのライフルを偵察部隊のために採用した。その銃の名は「AR15」、軍が与えた制式採用ナンバーは「M16」であった。・当時ますます激化する一方だったベトナム戦争は「M16」にとってはまたとない実戦テストの場となり、日々の戦闘で発生する様々なトラブルや、現場の要請等を一つ一つクリアする作業が続いた。この試練の時期の代表的なモデルが電動ガンでもお馴染みの「M16ベトナムバージョン」や、「CAR-15」、そして「XM177E2」である。それぞれに欠点はあったものの、これらの名銃たちは泥沼の戦場を立派に戦い抜き、また価値ある実戦データを後のシリーズに提供することとなった。そして1967年2目、改良を重ねられた「M16A1」が、晴れて合衆国全軍(陸、海、空、海兵)に制式採用され、「M16シリーズ」の名声は不動のものとなった。「A1」の完成度は高く、アメリカのみならず多くの西側各国の軍・警察で採用されるに至る。80年代に入ると、5・56mm×45のNATO統一弾薬を高威力タイプのSS109に変更することが決定。「M16」はさらなる進化を遂げることとなる。世界の戦場で常に最前線に投入されるアメリカ海兵隊の監修のもと、主に強度アップのための全面改修が行われた。そしてついに「M16シリーズの集大成」とも言うべきモデル(M701)が完成。「M16A2」として改めて採用されたのは1982年12月のことであった。30余年もの間、激動の世界の戦場を乗り越え、常に最強の形態を求めて進化し続けてきたM16シリース。今後も当分の間、世界最強の座は揺るぎそうにない。

M16A2の特徴
「A1」で殆ど完成していると言っても過言ではなかったM16シリーズだったが、「1.NATO新弾薬SS109に対応するためバレルのライフリング(旋条)ピッチの変更が必要になった。2.配備されていたM16A1」の老朽化が進んでいた。3.特に前線の兵士(海兵隊、特殊部隊)からA1は強度不足であるとの指摘がされていた。」等の理由が重なった事から全面改修が施されることになった。その内容は、銃口部に取り付けられたバードケイジ(烏かこ)タイプのコンペンセイターは、低い姿勢で射撃する際に砂等を巻き上げないよう、下面にスリットの無いタイプに改められた。またこれにより、ガスが上方にのみ吹き出すため銃口のハネ上がりを抑える機能も兼ね備える事になった。NATO新弾薬SS109対応の1回転/7インチのライフリングピッチを持つ、A1より一回り太いヘビーバレルを装備。強慶がA1の2倍になり、バヨネット(銃剣)を使用した白兵戦にも有利になった。・ハンドガードは円筒形の上下分割するタイプに変更された。強度的に優れ、またグレネードランチャー等の取り付けも容易である。・エジェクションポート後方にはケースディフレクターと呼ばれる突起が設けられた。左利きの射手の顔面に薬萸が直撃しないための配慮である。・リアサイトは上下・左右の調節ダイヤルを直接手で回せるAR-10タイプ。弾薬の性能向上に合わせてのハイグレード化してある。・ロアフレーム各部に細かい補強が成された。・グリップは中指の掛かる突起の付いたフィンガー・チャンネル・タイプが採用された。・バットストックは素材変更により「A1」の10倍以上の強度を実現。また、兵士の体格変化に伴い約20mm延長された。以上の通り「A1」と「A2」は墓本デザインは同じだが、細かく見た場合全く別の銃とも言えるだろう。しかもここに至る開発・改良のプロセスには机上のシュミレーションや理論のみならす、幾多の激戦の歴史と多くの現場の兵士の声が反映され、次世代へと受け継がれる名銃の誕生となった。

M16A2の
ご注文はこちらから

57,000

工房ダイアリー

修理・カスタム作業の現場のナマの声を紹介するコーナー。海外製電動ガンならではのトラブルや、その手直しノウハウをお見せできるところまで解説します!

最新記事

インナーバレルクリーニングのすすめ その1

大変ご無沙汰しております。3月から4月にかけての工房移転のバタバタもあり、なかなか更新が出来ない状態でしたが、最近は大分落ち着いてきました。工房の移転は工作機械や作業台の移動もあり当初、私が考えていた・・・ 

(2016.07.28)

サバゲー入門

電動ガンがほしい、あるいはサバイバル・ゲームをはじめたいけれど、周囲に詳しい人がおらず何から揃えればいいのか分からない、そもそも何がわからないのかもわからない、そんなスターター(初心者)から、「実銃や戦史には詳しいけれどこっちはサッパリ……今さら人にも聞けないし」という悩めるマニアまで電動ガンのいろはを解説、最低限必要なアイテムとその選び方を紹介いたします!

よくある質問

お客様からのお問合せ内容をまとめた「よくある質問ページ」を掲載しております。「フルメタルコンプリート」や「電動ガンカスタム修理」「自社フィールドグランドスラム」へのご質問とお答えを項目別に編集。解らないことがありましたら、まずは「よくあるご質問ページ」をご覧ください。