M733コマンド

M733コマンド

映画「ブラックホークダウン」で大活躍のM733コマンドの新品マルイモデルをBe-MAXでフルカスタム!SUPER1J(ジュール)カスタムに加え、7mmラージサイズベアリング取り付け加工、ハイサイクル対応強化ピストンを組込み、初速、安定性、連射性能、耐久性を極限まで、かつバランスよく引き出したフルカスタムモデルです。
※この商品は受注後お取り寄せしての製作となります、在庫確認後料金先払い制となります。代引き発送はできませんのでご注意ください。

エアガンの背景

戦場のヒーローに捧げる・・・...M16A2最小&最軽量モデル

映画「ブラックホーク・ダウン」は全編のほとんどが戦闘シーンの連続だ。1993年と言えば、冷戦の終結、ベルリンの壁の消滅、ソ連の崩壊と世界規模の大きなニュースが連続していた時代で、東アフリカで起きたソマリアの悲劇とそれを阻止するべく出動した国連軍がなす術なく撤退した一連の事件はアフリカから遠い日本ではあまり注目される事はなかった。その知られざる戦しいを事実に基づいて描いた映画は日本で公開されるや、東京マルイには全国のエアガンファン、サバイバルゲーマーの方々からの熱いリクエストが続々と寄せられた。米軍特殊部隊デルタ・フォースが活躍する戦闘シーンは言わば「戦士の生きざま」そのもので「カッコイイ」の一言に尽きる。そのため彼等が劇中で使用したライフルが強烈なイメージとして脳裏に残り、劇中で大活躍した"Dボーイズ"が使う、あの"短いイチロク"が電動ガンで欲しいというものが自然多かった。取り扱いが容易でしかも数多くのユーザーに浸透しており、なおかつ汎用性が高い M16A2シリーズ最小&最軽量のコンバクト・モデル!それはまさに、理想的なサバイバルグーム・ウェホンとなり得るのではないか?その「短いイチロク」=コルトM733コマンドは東京マルイ開発陣の思惑とも見事に合致したのである。

"Dボーイズ"と共に過酷な実戦を経験!コルトM733コマンド
コルトM733コマンド...世界的にも有名なコルトM16シリーズの短縮型バリエーションモデルの一つである。最近、特に米軍特殊部隊を中心に採用されているコルトM4A1カービンがその代表例であろう。ヴェトナム戦争中に開発されたM16シリーズは初期型のM16およびM16A1系列とA1の強化発展型 M16A2系列それぞれに多様なバリエーションモデルが存在する。中でも全長を短縮、軽量化したモデルは特殊部隊用に主に開発され、公式、非公式を問わす使用されてきた歴史を持っている。「M16」や「M4」など若い番号はアメリカ軍の制式採用を表すナンバーであり、逆に「M733」、「653」など3ケタの番号はコルト社が自社製品に付けたナンバーである。(ちなみに600番台はM16およびM16A1べ一ス、700番台はM16A2べ一スのバリエーションモデルである。)
コルトM733コマンドは冷戦が終結した80年代後半から、90年代前半に先述のM4A1が制式採用される前に米軍特殊部隊の一部で非公式ながら採用されていた。そして米軍戦史史上に残る激戦に参加する事になる。米軍特殊部隊中、最も秘匿性が高い精鋭デルタ・フォース(他部隊の若い兵士は尊敬を込めて"D ボーイス"の愛称で呼んでいた。)の隊員達の手にたずさえられて......。
1993年10目3日、内戦で荒れ果てたアフリカの国、ソマリアの首部モガディシオ。国連平和維持軍と対立していた独裁者アイディード将軍派の支配地域であった「ブラック・シー地区」で事件は起こった。アイディード派の幹部2名の身柄を空からの強襲作戦で確保しようとしていた米軍レンジャーとデルタフォースの混成部隊99名が汎用ヘリMH-60ブラックホーク、2機を撃墜された事から現場で孤立。地元のソマリ族民兵達と15時間にも及ぶ銃撃戦の末、命からがら脱出したのである。米軍側の死亡者19名、負傷者73名。ソマリ族側にも1,OOO名以上の死者(※未確認)を出したこの戦いは米軍にとっては"ヴェトナム戦争以来最大の銃撃戦"となった。そんな混乱と恐怖のさなか、常に冷静沈着であり続け、絶対に諦めず決して仲間を見捨てなかった"Dホーイス"の姿は、その後に兵士の証言をまとめた本『強襲部隊」(マークボウデン著/早川書房)や、映画「ブラックホーク・ダウン」でも随所に登場する。そんな彼らが手足のように使いこなし、絶望的な窮地を切り抜けた相棒こそ、M16A2をべ一スとした軽快なショートカービン、コルトM733コマンドだった。M16A2 系では最短のモデルとなるM733コマンドのバレル長は11.5インチ。これは現用のM4A1の14.5インチよりさらに3インチ短い。これはM16の作動メカニズム「リュングマン式ボルト」ではフルオート時の安定性の面でやや不安が残るとされるギリギリの長さで発射昔が非常に大きいというデメリットがあるが、コルト社ではこのガンのファイヤーバワーよりもコンバクトさや軽快さを活かせる用途......つまりは特殊部隊、偵察任務、警察向けに販売。ソマリア紛争当時にはデルタ・フォースも秘密裏に調達し、使用していたようだ。前述の『強襲部隊」の他、多くの文献や兵士の証言等の中で"カスタムされたデルタの CAR15"(米軍の特殊部隊用訓練要目と言う公式文書内では制式のM16とM4以外のバリエーションモデルはどの型もCAR-15と総称されていたようだ。)として登揚するこのライフルは、通常の兵士よりも軽快な装備で鬼神の如く戦場を駆ける''Dポーイズ"の姿と相まって、目撃者たちには相当強烈な印象を残したようだ。特にこのM733コマンドのサイレンサー付きモデルを手に相棒とたった2人でヘリ(作戦コード1スーパー64/デュラント機)墜落現場に降下し、最後までヘリ乗員を暴徒の攻撃からかばい続けて戦死したデルタ隊員、グイリー・ゴードンは、同じく戦死した相棒のランディ・シュガートと共に合衆国軍人としては最高の栄誉である「名誉勲章」を授与されたのである。ちなみに実銃のM733コマンドは1984年から1987年にかけて合計3回の改修を受けており、4世代のバリェーションが存在する。その他にも顧客のオーダーによって細部には変更が加えられていた可能性が高い。M733コマンドが尊い犠牲のもとに得た貴重な実戦データは、やがて後の主カとなるM4A1カービンに引き継がれていく事となる......。また、現在でもコルト社のミリタリー&ロー・エンフォースメント向けの商品リストにはM733コマンド(最新型はM4A1同様フラットトッブ型でM933と呼称)の発展型が存在し、対ボディアーマーに対しての貫通力の高さから.223弾(5.56mm弾、SSl09)を使用する小型・軽量ライフルの軍・警察での需要は高まるばかりかと思われる。

米軍の切り札!最強シークレット部隊=デルタ・フォース
世界最強といわれるアメリカ軍特殊部隊の中でもトップ中のトップであり対テロリスト戦争における最後の切り札として徹底的に秘匿され、合衆国政府は現在でもその存在を公式には認めていないというトップシークレット・フォースがある。創立は1977年11月。陸軍のチャーリー・A・ベックウィズ大佐がSAS(英軍特殊空挺任務部隊)へ派遣された際の経験を基に、ノースカロライナ州フォートブラックを本拠地として「第1特別作戦部隊」として誕生させた。当時の別名は"デルタ分遣隊"...・・そう、2002年春に日本でも公開された衝撃の戦争映画『ブラックホーク・ダウン』でもその勇姿を全国のガンファンの網膜に鮮烈に焼き付けた、あの「デルタフォース」の精鋭たちだ。"Dボーイズ"の愛称で呼ばれる彼らは、米軍の他の部隊の兵士たちの間でも、常に憧れの存在なのだ。
デルタ・フォースのメンバーは軍内部からの志願者、それもレンジヤー部隊や空挺部隊など、特技を持った精鋭たちの中から選抜される。身体的にも精神的にも過酷な選抜過程をクリアできる人数はこく僅かであり、さらに対テロ戦を想定した各種銃器による射撃、キルハウスを使った突入訓練、バラシュート降下、スキューバダイビングなどの高度な訓練を経た後、超エリート戦士="Dボーイズ"の一員となる。まさに「少数精鋭」をそのまま体現したかのような組織であり、現在でも隊員数は多く見積もって1OO名強と言われている。
彼らの任務や作戦行動は一切表には出ないため、部隊の実態やその装備などは現在でもその多くが秘密のべ一ルに包まれている。しかし映画『ブラックホーク・ダウン』に描かれた、「ブラック・シーの戦い」では、その絶望的な状況にも屈することなく勇猛果敢に任務に当たった"Dホーイズ"の活躍が、事件後の兵士の証言から次々と明らかになった。

M733コマンドの
ご注文はこちらから

57,000

工房ダイアリー

修理・カスタム作業の現場のナマの声を紹介するコーナー。海外製電動ガンならではのトラブルや、その手直しノウハウをお見せできるところまで解説します!

最新記事

インナーバレルクリーニングのすすめ その1

大変ご無沙汰しております。3月から4月にかけての工房移転のバタバタもあり、なかなか更新が出来ない状態でしたが、最近は大分落ち着いてきました。工房の移転は工作機械や作業台の移動もあり当初、私が考えていた・・・ 

(2016.07.28)

サバゲー入門

電動ガンがほしい、あるいはサバイバル・ゲームをはじめたいけれど、周囲に詳しい人がおらず何から揃えればいいのか分からない、そもそも何がわからないのかもわからない、そんなスターター(初心者)から、「実銃や戦史には詳しいけれどこっちはサッパリ……今さら人にも聞けないし」という悩めるマニアまで電動ガンのいろはを解説、最低限必要なアイテムとその選び方を紹介いたします!

よくある質問

お客様からのお問合せ内容をまとめた「よくある質問ページ」を掲載しております。「フルメタルコンプリート」や「電動ガンカスタム修理」「自社フィールドグランドスラム」へのご質問とお答えを項目別に編集。解らないことがありましたら、まずは「よくあるご質問ページ」をご覧ください。