P-90TR

P-90TR

3ヶ所に配置されたレイルとサイレンサーを特別装備したP-90TRの新品マルイモデルをBe-MAXでフルカスタム!SUPER1J(ジュール)カスタムに加え、7mmラージサイズベアリング取り付け加工、ハイサイクル対応強化ピストンを組込み、初速、安定性、連射性能、耐久性を極限まで、かつバランスよく引き出したフルカスタムモデルです。
※この商品は受注後お取り寄せしての製作となります、在庫確認後料金先払い制となります。代引き発送はできませんのでご注意ください。

エアガンの背景

特殊部隊のミッションに必要不可欠なサイレンサー

1997年のペルー日本大使館占拠事件における人質救出作戦、"チャンビン・デ・ワンタル作戦"の第一報を伝えた衝撃映像。そこには大使館の屋根に空いた穴に取り付き、室内の状況を油断なく見守る特殊部隊員の姿があった。その手に握られいたのがFN P90。東西令戦の申し子として開発された「後方支援火器」が、小型かつ高性能な「特殊部隊装備」への華麗なる転身を世界中にアピールした瞬問だ。そしてこの時、そのP-90には大型のサイレンサーが装着されていた事も、当時は大きな話題となった。
特殊部隊の銃にサイレンサーを装備する目的とは何か?ひとつにはもちろん「隠密性の確保」という点が挙げられる。少数精鋭で任務に当たる事が多い特殊部隊では、自分達の位置を敵に察知されにくくする事は極めて重要なのだ。また、銃撃戦の際に人質や群集にかかる心理的なプレッシャーを和らげ、バニックで現場が混乱に陥るのを防ぐ意味でも銃声はなるべく小さな方が良い。そんな意味もあって、サイレンサー、及び消音効果の高い弾薬の研究は、今後の特殊部隊向け銃器開発における最重要テーマと見なされている。ちなみに軍用サイレンサーの分野で現在世界最高の水準にあると言われるのは、アメリカ/フロリダ州にあるナイツ社である。

特殊部隊専用として、さらに研ぎ澄まされたP-90
全く新コンセプトの元に設計された最新鋭銃器=P-90が「初めて投入された実戦」として世界中の耳目を集めたチャビン・デ・ワンタル作戦。
それ以後、P-90は近年重武装化の一途をたどる凶悪犯罪者やテロリストヘの新たな対抗手段として、その注目度は一気に高まった。その時々の状況に応じて様々な装備が投入される特殊部隊のミッションに於いては、銃器もまた変幻自在にオプション装備を選択可能なインターフェイス面での拓張性が要求される。特に射手の「目」となるサイトシステムには、幅広い選択肢があってしかるべきだ。そういった発想から、従来はコリメーターサイトが装着されていたサイトレシーバー部分の上部/左右にピカティニー規格の20mm幅マウントレイルのみを装備した、通称"トリプルレイル"モデル=P-90TRがFN社によって製作された。
また同時にFN社では「サイレンサー」、および「消音に効果的な弾薬」についての研究も精カ的になされている。P-90の場合、初速を従来の715m/秒から300m/秒に減速させ、その代わりに弾頭重量を2.2gから3.6gに増加して威カの低下を抑えたサブソニック(=亜昔速)弾=「Sb193」を供給する事で、P-90を「サイレンサー作戦」にも充分対応可能な銃器として位置付けている。

P-90TRの
ご注文はこちらから

57,000

工房ダイアリー

修理・カスタム作業の現場のナマの声を紹介するコーナー。海外製電動ガンならではのトラブルや、その手直しノウハウをお見せできるところまで解説します!

最新記事

インナーバレルクリーニングのすすめ その1

大変ご無沙汰しております。3月から4月にかけての工房移転のバタバタもあり、なかなか更新が出来ない状態でしたが、最近は大分落ち着いてきました。工房の移転は工作機械や作業台の移動もあり当初、私が考えていた・・・ 

(2016.07.28)

サバゲー入門

電動ガンがほしい、あるいはサバイバル・ゲームをはじめたいけれど、周囲に詳しい人がおらず何から揃えればいいのか分からない、そもそも何がわからないのかもわからない、そんなスターター(初心者)から、「実銃や戦史には詳しいけれどこっちはサッパリ……今さら人にも聞けないし」という悩めるマニアまで電動ガンのいろはを解説、最低限必要なアイテムとその選び方を紹介いたします!

よくある質問

お客様からのお問合せ内容をまとめた「よくある質問ページ」を掲載しております。「フルメタルコンプリート」や「電動ガンカスタム修理」「自社フィールドグランドスラム」へのご質問とお答えを項目別に編集。解らないことがありましたら、まずは「よくあるご質問ページ」をご覧ください。