SR-16M4

SR-16M4

「コルトM4」を更に高精度にしたナイツ社製のM4の新品マルイモデルをBe-MAXでフルカスタム!SUPER1J(ジュール)カスタムに加え、7mmラージサイズベアリング取り付け加工、ハイサイクル対応強化ピストンを組込み、初速、安定性、連射性能、耐久性を極限まで、かつバランスよく引き出したフルカスタムモデルです。※この商品は受注後お取り寄せしての製作となります、在庫確認後料金先払い制となります。代引き発送はできませんのでご注意ください。

エアガンの背景

騎士のウェポン
ナイツSR-16M4カービン世界最強の軍隊=アメリカ軍に40年近く使われ続け、人類史にも確実に記憶されるであろう傑作アサルトライフル、「M16シリーズ」。その開発に携わった天才設計者こそ``M16の父''とされるユージンストーナーである。ストーナーは一番弟子、リードナイトが経営する特殊装備開発会社「ナイツ・アーマメント社」顧問として、リードナイトと共に「M16A1」から「A2」への強化改修、「M4力一ビン」の開発、「R.1.S、=リス(レイルインターフェイスシステムの略、米軍採用・多目的ハンドガード)」の発明にも成功した実績を誇る。
1998年、惜しまれながらもストーナーが他界し、一時期は事業を手放そうかと失意したリードナイトだったが、亡き師に捧げる一大プ□ジェクトとして M16&M4系ライフルの集大成モデルを計画した。これまで5.56mm小口径軍用ライフルの生産には踏み切っていなかったナイツ社だったが「R,1,S.」を始め、最新装備の開発に豊富な経験を持つ同社ならではの技術力を結集し、ついに完成したのがストーナー・ライフルの頭文字を冠した「SR-16シリーズ」であった!現在、7.62mm×51弾を使用するセミオート・スナイパーライフルの「SR-25」がSOCOM(アメリカ特殊部隊統合軍)下の各部隊に制式採用されている事が知られているが、この開発データを墓に1999年に発表された5.56mm×45弾を使用する軍用モデルが、「SR-16M4力一ビン」なのである。これは現在米軍が全軍で制式採用している「コルトM4A1力一ビン」に相当するモデルである。素材の段階から厳しく吟昧され、時間をかけて精密に製造されるが故のその加工精度、耐久性、圧倒的な高性能......!コルト社製の通常軍用モデルとは明らかに一線を画するとされるそのライフルには現在、特殊部隊の精鋭たちの熱い視線が寄せられているのだという......。光学スコープを装備する事を前提としているため従来の M16&M4系キャリングハンドルは省略され、フラットトップには実用本位の「フリップアップリアサイト」が採用されている。もちろん「R.1.S.」が標準装備され、特殊作戦の広域な任務に装着パーツの選択によって対処できるように設定されている。課せられた任務のためなら己の生命を投げうつ事もいとわず、危険な戦場を駆け抜ける特殊部隊の戦土(ウォリアー)たち。彼らは対反射マットブラックコーティングを施された「SR-16」をこう呼ふ・``ブラックナイツ=黒騎土''。研ぎすまされた経験と哲学に貫かれた彼らが最後に選ぶ究極のM4=SR・16M4力一ビンは、まさに「現代の騎士のウェポン」なのだ。

SR-16M4の
ご注文はこちらから

64,000

工房ダイアリー

修理・カスタム作業の現場のナマの声を紹介するコーナー。海外製電動ガンならではのトラブルや、その手直しノウハウをお見せできるところまで解説します!

最新記事

インナーバレルクリーニングのすすめ その1

大変ご無沙汰しております。3月から4月にかけての工房移転のバタバタもあり、なかなか更新が出来ない状態でしたが、最近は大分落ち着いてきました。工房の移転は工作機械や作業台の移動もあり当初、私が考えていた・・・ 

(2016.07.28)

サバゲー入門

電動ガンがほしい、あるいはサバイバル・ゲームをはじめたいけれど、周囲に詳しい人がおらず何から揃えればいいのか分からない、そもそも何がわからないのかもわからない、そんなスターター(初心者)から、「実銃や戦史には詳しいけれどこっちはサッパリ……今さら人にも聞けないし」という悩めるマニアまで電動ガンのいろはを解説、最低限必要なアイテムとその選び方を紹介いたします!

よくある質問

お客様からのお問合せ内容をまとめた「よくある質問ページ」を掲載しております。「フルメタルコンプリート」や「電動ガンカスタム修理」「自社フィールドグランドスラム」へのご質問とお答えを項目別に編集。解らないことがありましたら、まずは「よくあるご質問ページ」をご覧ください。