工房ダイアリー

F2000 電動ガン手直し&カスタム(2008.04.18)

f1.JPG
前回、海外製品の手直し作業を掲載したところ大変多くの反響があり同様の作業依頼を頂いております、ありがとうございます。ということで本日はF2000の手直し&カスタム作業です。とりあえず作動確認の為、バッテリーを繋いで動かしてみたところ「ギュワン、パン!」というかなり負荷の大きそうなデンジャラスサウンドを奏でましたので早急に作動確認は終わりにして分解作業に入りました。経験上、この感じはギアの回転が重く(シム調整不良、もしくは軸受け不良)無理やり動かしている時の感触です、このまま動かしていると大抵はスイッチが溶解するかモーターコミュテーター部が熱で変色して通電不良になります。

f2.JPG
まずはメカBOXを分解し、各部の状況を大まかに観察していきます。今回の様に特殊な機種(メカBOX含む)の場合、いきなり「全てのパーツを外して洗浄」ではなく、まずはそのままの状態を良~く観察し「初期状態」というのも記憶します。この観察は意外と大事な作業で後々のトラブルシューティングの際に非常に役立つ事が多いです。内部パーツには「洗浄しないと分からない事」と「洗浄したら分からなくなる事」があります。ギア歯面等パーツ形状の磨耗具合は前者になりますし、油脂類の種類やシムの枚数等は後者になります。メカBOXを分解しての第一印象はとにかくグリスが凄い!という点でした。マルイ製電動ガンもメーカー出荷時では多めにグリスアップしてありますがアレの比ではありませんね。あまりの凄さに写真撮影忘れてしまいました、スミマセン。※写真は洗浄後のメカBOXです。

f3.JPG
それ以外で気になった点は定番のスプリングのブツ切りとシム調整はほとんど無し、といったところです。シム調整に関してはどうやら最初から組み込まれているギア&メタル軸受け、お互いの総厚が厚めの為、ほとんどシムの入る隙間が無い事が理由のようです。恐らく当初の重ったるい作動感&ギアノイズはシム調整が行われていない(というよりもギア、軸受けお互いの寸法上の理由で出来ない)事による回転の重さが原因かと思います。あとは異常な程の高粘度グリスの大量使用も関係しているかも知れません。スプリングに関しては前回同様で完全に長さが足りません(笑)

f4.JPG
純正スプリングとの比較です。さすがにここまで短くカットしてあるスプリングは初めて見ました。最近、この反則技が非常に多いです。てっとり早く初速を下げたくて行うのでしょうがここまで短いのはどうかと...。シワ寄せは必ずどこかに来ますよ~。

f5.JPG
という事でシワ寄せはピストンに来ました。この辺の前後関係のお話は前回お話しましたので省略します。

f6.JPG
モーター交換をしようしたところ通常のショートタイプよりも更にシャフトが短い専用モーターだったのでショートタイプのシャフトを削り長さを合わせます。

f7.JPG
モーター配線の被覆が一部破れています、海外製の場合はモーター&配線は無条件で交換してしまった方が安心です。この配線も一見すると太くて通電性は良さそうですが抵抗値をテスターで計ると非常に高い値を示しました。ちなみに当店のハイレスポンスコード用のテフロンコードは太さは純正品と同様ですが抵抗値が非常に低い高級品です(笑)

f8.JPG
今回組み込むパーツです、写真には写っていませんがギア3点もVer2用が使用出来た為、交換しました。ギアを交換した事でシム調整も可能になりますのでかなり回転は軽くなります。

f10.JPG
全てのパーツを組込、実射テストをして作業完了!だったんですがピニオン&ベベルギア間のギアノイズが気になります。通常のメカBOXであればモーター位置を上げ下げする事でピニオン&ベベルギア間のバックラッシュ調整が可能なんですが今回のメカBOXにはその機構がありません(泣)ど~したものかと考えた結果、モーターシャフトに圧入してあるピニオンギア自体を動かして調整しました。全て組んでみないと音の確認は出来ませんし、ピニオンの位置調整もモーターを外さないと出来ませんので結構大変でしたが、バックラッシュを緩くする方向で(ピニオンギアを下げる)良好な結果になりましたので作業完了となりました。

KEN

工房ダイアリー

修理・カスタム作業の現場のナマの声を紹介するコーナー。海外製電動ガンならではのトラブルや、その手直しノウハウをお見せできるところまで解説します!

最新記事

インナーバレルクリーニングのすすめ その1

大変ご無沙汰しております。3月から4月にかけての工房移転のバタバタもあり、なかなか更新が出来ない状態でしたが、最近は大分落ち着いてきました。工房の移転は工作機械や作業台の移動もあり当初、私が考えていた・・・ 

(2016.07.28)


・インナーバレルクリーニングのすすめ その1 ・BOLT製SR47(BR47)チャンバー加工 ・マルイ製電動UZI復活プロジェクト ・次世代AKへのRAS組込み&バッテリー収納加工 ・バイオBB弾に関して ・G&G製M14EBRショート用 サイレンサーアタッチメント製作 ・マルイ製ステアーAUG 修理&カスタム作業 ・G&P製ストーナーMk23用4000発BOXマガジン製作 ・MAGPUL製 PDR配線変更作業 ・H&K SR9T製作 ・ARES製 DSR-1 カスタム作業 ・TOP M4EBBカートキャッチャー製作 ・SG1用 削り出しトリガー製作 ・マルイ MC51修理&カスタム作業 ・追加レール取り付け加工 ・ハイダー取り付け用カラー製作作業 ・G&G F2000通電不良修理作業 ・バッテリー配線修理 ・FMC MRP オーバーホール作業 ・VFC製PDW リポバッテリー加工 ・電動USP ウエイト組込作業 ・SL9 サイレンサーアダプター製作 ・AMP-DSR-1 カスタム作業 ・ベアリング軸受けについて ・MAGPULグリップのノイズ低減加工 ・G&P製SR-25KIT組み立て作業 ・フルカスタム FN-SCAR USED品販売 ・スライドストック用バッテリー製作 ・CA電動ガン CA-8 調整&カスタム ・電動ガン用バッテリーのおはなし ・G&P製SR-16URXカスタム作業 ・G&P製 M4RAS 手直し&カスタム ・KA製L1A1 カスタム&手直し作業 ・LR-300レシーバー&ストック交換 ・DSA FAL SA58 新型FET組込作業 ・CA製SR-25URXカスタム作業 ・M16マッチライフルカスタムガン ・F2000 電動ガン手直し&カスタム ・KA製トロイCQB手直し&カスタム ・P90 カスタム作業 ・VFC FN-SCARちょっと一工夫 ・マルイMac10 Spec-Sチューニング ・AK47 オーバーホール作業 ・SR-25 URX 手直し作業 ・限定品 M655の修理作業 ・M4-RASレディマグ ショートタイプ ・M14木製ストックVer.のチューニング ・UZI修理 ・マルゼン イングラムのHOP調整 ・MP5修理 ・程度良好 AK47中古品のご案内 ・八九式小銃チューニング&採寸作業 ・ステアーAUG修理&チューニング ・AK-47新品箱出しチューニング ・続・M4-Sシステム ・MP5SD6のパワー調整作業 ・M4 S-SYSTEM修理&チューニング ・電動93Rパーツ組込み