工房ダイアリー

KA製L1A1 カスタム&手直し作業(2008.11.14)

k1.JPG
本日の作業はキングアームズ製L1A1のカスタム&手直し作業です。お持込頂いた状態だと初速は約80m/s程度は出ていますが、トリガーレスポンスが鈍く、どこかでロスしている感じがあります。作業内容としてはSUPER-1Jカスタムを基本に、手直しが必要な箇所の修正、という流れになります。

k2.JPG
まずはメカBOXを取り出す為、レシーバーを分解したところ、ブローバックボルト(※この機種はブローバック機構付)周辺やレシーバー内側に大量の高粘度グリスが塗られてありました。粘度的にはマルイ純正のギアグリス程の高粘度です。激しく前後動するので気持ちは理解できますが、ここまで大量に高粘度グリスを塗ってしまうと、むしろ抵抗になってしまいます。実際に手で動かしてみたところかなり重い抵抗感がありました。特に今回の機種はピストンに連動させてボルトを動かしますのでここでの抵抗はトリガーレスポンス等の作動感に及ぼす影響は大です。まずは全て拭き取り、その後にもう少し低粘度のグリスを必要な箇所のみ塗布しました。電動ガンに限らず機械モノ全般に言える事ですが、グリスアップは「必要な部分に必要なだけ」がポイントです。必要以上にグリスアップしても結局は周辺に飛び散るだけですし、砂等の異物が付着しやすくなります。幸い今回は砂等はありませんでしたが、発砲スチロールはしっかりと付着していました(笑)

k3.JPG
メカBOXはパッと見たところVer3の様ですが、ブローバック用の切り欠きがあったり、モーターホルダーも専用形状です。

k4.JPG
メカBOX内部です。内部パーツに関しては八割方、交換しますがその場合も当店では組み込まれていたパーツは全て洗浄して点検します。この段階でトラブルの兆候があった場合、その原因を解決しなければいくら高価なカスタムパーツを組み込んでも意味がないからです。

k5.JPG
ピストンはブローバック用の切り欠き&補強の肉盛りのある専用形状です。洗浄後、点検したところ、タイミングズレによる磨耗も無いようですので一安心です。もし、メインスプリングが最近お馴染みの「ブツ切り」された短いモノが入っていたら恐らくピストンは破損していたと思います。その場合、専用ピストンですので入手が困難な為、やっかいな事になっていたでしょう。

k6.JPG
SUPER-1Jカスタムにはハイレスポンスコードの交換も含まれています。ラインナップに無い機種でもワンオフで製作します。

k7.JPG
通電ロスを無くす為、中間コネクター等は無くし可能な限り1本物で製作します。海外製品の場合、往々にしてコードの品質が低いのでハイレスポンスコードへの換装はメチャクチャ効きます。具体的にはマルイ製電動ガンの場合、ハイレスポンスコードのみを組み込んだだけで秒間で約2発向上しますが、海外製電動ガンの場合、3~4発向上する場合もしばしばあります。

k8.JPG
今回組み込むカスタムパーツです。

k9.JPG
駆動効率の要である軸受けは7mmラージサイズベアリングが組み込まれてありましたのでそのまま使います。ベアリング軸受けの場合、必ずオイルを注油します。ほんのチョットのひと手間でより一層滑らかに回転します。当店で使用しているオイルはRC用のベアリングオイルです。コレは樹脂を侵さないのでオススメです。実車用エンジンオイル等の場合、ABS樹脂(エアガン製品には多く使われています)等を侵してしまう為、要注意です。

k10.JPG
完成したメカBOXです。

k11.JPG
今回のL1A1ですが、どうやらチャンバー部で故意的にエアーを抜いて初速を下げているようです。チャンバー周辺からエアーを抜く、という点ではマルイ製PSG-1に似ていますね(PSG-1の場合、インナーバレル上面から抜いている)

k12.JPG
このようにノズル上面がぽっかりと空きますのでかなりのエアーを故意的に抜いています。おそらく日本向けに後加工をしたんだと思います。よくあるメインスプリングの「ブツ切り」よりかは誠意ある対応だと思いますが、組み手側からするとやっぱり「わざとエアーを漏らしている」っていうのはう~ん...という感じです。

k14.JPG
全ての組み立てが完了し、実射テストをしているとアッパーレシーバーとロアーレシーバーの結合が「パコッ」と外れてしまいます。ストック固定用ボルトがアッパーレシーバーとロアーレシーバーを結合させる「ロッキングブロック」を押す事で結合させる設計のようですが、どう考えてもストック固定用ボルトの長さが足りません(泣)最後まで締めこんでもロッキングブロックは全く固定されずにブラブラしています。これでは外れて当然です。

k15.JPG
という事でロングボルトに交換しました。それにしても全然長さが足りてないですね(笑)実射性能的にもアッパーレシーバーとロアーレシーバーの結合がしっかりしたため、初速が大幅に安定しました。理由としてはアッパーレシーバーにはチャンバーが、ロアーレシーバーにはメカBOXが組み込まれていますのでお互いの結合が弱く動いてしまうと、チャンバーとメカBOXの位置関係も毎回動いてしまいます。完成後の初速は94m/sまで向上しましたがそれよりもトリガーレスポンス等の作動感が非常に軽快になりました。

KEN

工房ダイアリー

修理・カスタム作業の現場のナマの声を紹介するコーナー。海外製電動ガンならではのトラブルや、その手直しノウハウをお見せできるところまで解説します!

最新記事

インナーバレルクリーニングのすすめ その1

大変ご無沙汰しております。3月から4月にかけての工房移転のバタバタもあり、なかなか更新が出来ない状態でしたが、最近は大分落ち着いてきました。工房の移転は工作機械や作業台の移動もあり当初、私が考えていた・・・ 

(2016.07.28)


・インナーバレルクリーニングのすすめ その1 ・BOLT製SR47(BR47)チャンバー加工 ・マルイ製電動UZI復活プロジェクト ・次世代AKへのRAS組込み&バッテリー収納加工 ・バイオBB弾に関して ・G&G製M14EBRショート用 サイレンサーアタッチメント製作 ・マルイ製ステアーAUG 修理&カスタム作業 ・G&P製ストーナーMk23用4000発BOXマガジン製作 ・MAGPUL製 PDR配線変更作業 ・H&K SR9T製作 ・ARES製 DSR-1 カスタム作業 ・TOP M4EBBカートキャッチャー製作 ・SG1用 削り出しトリガー製作 ・マルイ MC51修理&カスタム作業 ・追加レール取り付け加工 ・ハイダー取り付け用カラー製作作業 ・G&G F2000通電不良修理作業 ・バッテリー配線修理 ・FMC MRP オーバーホール作業 ・VFC製PDW リポバッテリー加工 ・電動USP ウエイト組込作業 ・SL9 サイレンサーアダプター製作 ・AMP-DSR-1 カスタム作業 ・ベアリング軸受けについて ・MAGPULグリップのノイズ低減加工 ・G&P製SR-25KIT組み立て作業 ・フルカスタム FN-SCAR USED品販売 ・スライドストック用バッテリー製作 ・CA電動ガン CA-8 調整&カスタム ・電動ガン用バッテリーのおはなし ・G&P製SR-16URXカスタム作業 ・G&P製 M4RAS 手直し&カスタム ・KA製L1A1 カスタム&手直し作業 ・LR-300レシーバー&ストック交換 ・DSA FAL SA58 新型FET組込作業 ・CA製SR-25URXカスタム作業 ・M16マッチライフルカスタムガン ・F2000 電動ガン手直し&カスタム ・KA製トロイCQB手直し&カスタム ・P90 カスタム作業 ・VFC FN-SCARちょっと一工夫 ・マルイMac10 Spec-Sチューニング ・AK47 オーバーホール作業 ・SR-25 URX 手直し作業 ・限定品 M655の修理作業 ・M4-RASレディマグ ショートタイプ ・M14木製ストックVer.のチューニング ・UZI修理 ・マルゼン イングラムのHOP調整 ・MP5修理 ・程度良好 AK47中古品のご案内 ・八九式小銃チューニング&採寸作業 ・ステアーAUG修理&チューニング ・AK-47新品箱出しチューニング ・続・M4-Sシステム ・MP5SD6のパワー調整作業 ・M4 S-SYSTEM修理&チューニング ・電動93Rパーツ組込み