工房ダイアリー

VFC製PDW リポバッテリー加工(2011.08.30)


本日の作業はVFC製PDWへのリポバッテリー収納加工です。
PDW(パーソナル・ディフェンス・ウエポン)というだけあり、軽量・コンパクトでありながらも充分な実射性能も両立している点は実銃同様です。
当店でもFMCシリーズのライナップとして製作/販売しておりましたが、形状やサイズ等の面で電動ガン用に特化したLIPOバッテリーの登場によりPDWのようなコンパクトサイズの本体にも収納出来るようになりました。※この加工はコンプリート本体ご注文時に指定して頂ければ追加料金¥3.500にて承っております。


当店ではPDWへ収納する場合はET-1製7.4V/800mA(最近、800mAは廃盤になり700mAへ変更になったようです)を推奨しております。バッテリーメーカー各社より同じようなサイズのバッテリーも販売されていますが外寸は全て微妙に違いますので今回のPDWのような、収納スペースにそれ程余裕が無い機種は要注意です。パッ見た感じで同じ大きさでも実際にはビミョ~に干渉して収納出来ない、なんて事もあり得ます。



まずはアウターバレルを引き抜きます。PDWの場合、ハンドガードレール下のネジ1本で簡単にアウターバレルだけが引き抜けます。この工程はバッテリー交換の際にも行いますので、この簡単さは非常に有り難いです。



アウターバレルの上面をフラットに削ります。収納スペース的にはこの加工を行わなくても収納可能ですが、VFC製PDWのアウターバレルは実銃同様に手間の掛かるティンプル加工が施されています。このティンプル加工のエッジの部分でLIPOバッテリーを傷付けてしまいますので当店ではこのような加工を行っています。



ハンドガード内へLIPOバッテリーを収納する場合、配線も変更します。
通常、当店のFMCシリーズには高い通電性のテフロンメッキコードを採用していますが、PDWへLIPOバッテリーを収納する場合に限りハンドガード内だけは柔軟性のあるシリコンコードを採用しています。バッテリーの収納スペースが比較的狭いので(というよりも本来、入らない部分へバッテリーを入れている訳ですから当然と言えば当然ですね)配線にも柔軟性が要求されます。



以上の工程を行う事で7.4V/800mAバッテリーが全く違和感なく収納出来ます。収納時のポイントとして、コネクターの位置が最も重要なポイントです。ずばり、コネクターはこの位置(左斜め下)以外では収納出来ません。この位置以外で無理やり入れようとすると必ず被覆を傷付けてしまいますのでここは重要です。LIPOのショートはコワイですよ~(笑)




裏技としてはイーグル製の「ミニ2P」コネクターを使う手もあります。
皆さんお馴染みの「2Pコネクター」(※ディーンズTYPE)の小型版です。かなり小さいので性能的に心配になりますが通常サイズと同様に板バネによる圧着&充分な接触面積がありますのでむしろミニコネクターよりも数段上の通電性能の持ち主です。但し、本家の「ディーンズ製」と違い樹脂部分の耐熱性が若干低いのでハンダ付けの際は短時間で手際良く作業しないと樹脂部分が溶けてきます(笑)コツとしてはある程度のワット数(60W位)のコテを使い一瞬で作業を終わらせる事です。安いコテを使うといつまで経ってもハンダが乗らず、樹脂部分が先に溶けてきますので...。無事(?)に取り付けさえ出来れば純正のミニコネクターよりもかなり小さいので収納する際のコネクターの位置に手こずる手間もだいぶ軽減されます。

KEN

VFC製PDW リポバッテリー加工の関連コンテンツ (ET1,KAC,KNIGHT'S ARMAMENT,LIPO,PDW,VFC)

工房ダイアリー

修理・カスタム作業の現場のナマの声を紹介するコーナー。海外製電動ガンならではのトラブルや、その手直しノウハウをお見せできるところまで解説します!

最新記事

インナーバレルクリーニングのすすめ その1

大変ご無沙汰しております。3月から4月にかけての工房移転のバタバタもあり、なかなか更新が出来ない状態でしたが、最近は大分落ち着いてきました。工房の移転は工作機械や作業台の移動もあり当初、私が考えていた・・・ 

(2016.07.28)


・インナーバレルクリーニングのすすめ その1 ・BOLT製SR47(BR47)チャンバー加工 ・マルイ製電動UZI復活プロジェクト ・次世代AKへのRAS組込み&バッテリー収納加工 ・バイオBB弾に関して ・G&G製M14EBRショート用 サイレンサーアタッチメント製作 ・マルイ製ステアーAUG 修理&カスタム作業 ・G&P製ストーナーMk23用4000発BOXマガジン製作 ・MAGPUL製 PDR配線変更作業 ・H&K SR9T製作 ・ARES製 DSR-1 カスタム作業 ・TOP M4EBBカートキャッチャー製作 ・SG1用 削り出しトリガー製作 ・マルイ MC51修理&カスタム作業 ・追加レール取り付け加工 ・ハイダー取り付け用カラー製作作業 ・G&G F2000通電不良修理作業 ・バッテリー配線修理 ・FMC MRP オーバーホール作業 ・VFC製PDW リポバッテリー加工 ・電動USP ウエイト組込作業 ・SL9 サイレンサーアダプター製作 ・AMP-DSR-1 カスタム作業 ・ベアリング軸受けについて ・MAGPULグリップのノイズ低減加工 ・G&P製SR-25KIT組み立て作業 ・フルカスタム FN-SCAR USED品販売 ・スライドストック用バッテリー製作 ・CA電動ガン CA-8 調整&カスタム ・電動ガン用バッテリーのおはなし ・G&P製SR-16URXカスタム作業 ・G&P製 M4RAS 手直し&カスタム ・KA製L1A1 カスタム&手直し作業 ・LR-300レシーバー&ストック交換 ・DSA FAL SA58 新型FET組込作業 ・CA製SR-25URXカスタム作業 ・M16マッチライフルカスタムガン ・F2000 電動ガン手直し&カスタム ・KA製トロイCQB手直し&カスタム ・P90 カスタム作業 ・VFC FN-SCARちょっと一工夫 ・マルイMac10 Spec-Sチューニング ・AK47 オーバーホール作業 ・SR-25 URX 手直し作業 ・限定品 M655の修理作業 ・M4-RASレディマグ ショートタイプ ・M14木製ストックVer.のチューニング ・UZI修理 ・マルゼン イングラムのHOP調整 ・MP5修理 ・程度良好 AK47中古品のご案内 ・八九式小銃チューニング&採寸作業 ・ステアーAUG修理&チューニング ・AK-47新品箱出しチューニング ・続・M4-Sシステム ・MP5SD6のパワー調整作業 ・M4 S-SYSTEM修理&チューニング ・電動93Rパーツ組込み